ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

このページの翻訳:

めにゅー

ページ情報

最新10件の更新

最近作成されたページ5件

オンライン計測

直近10分以内に、4人がこのサイトの閲覧を開始しました。

このページへのアクセス
今日:1 昨日:1
総計:243

Wikiステータス

  • 総ページ数:79件
filesystem:doc:versions

アップデート履歴

※システムを新規に利用される方は、原則として最新バージョンのZIPファイルをダウンロードして下さい。

γ版・第2版

Gamma-2E-1

変更内容

  • ヘルプ機能の追加
    • 当初想定していたよりかなり多機能になってきたため、ご利用ガイドやFAQなどを搭載したヘルプ機能を追加しました。
    • 提出システムのページ上の「ヘルプ」をクリック・タップすると、ヘルプ機能を新しいタブで開きます。ここでご利用ガイドを読んだり、FAQを閲覧・検索したりする事が可能です(ご利用ガイドやFAQの中には、システム上の設定によって内容が変わる部分があります)。ガイドやFAQの内容は、機能変更・追加やユーザーからの問い合わせに応じて順次変更・追加する予定です。
    • ヘルプ機能はログイン不要で利用可能です。
  • 作品数制限機能の追加
    • ユーザー1人当たりの作品数を制限出来るように、設定項目を追加しました(従来通り、作品数に上限を設けないようにする事も可能です)。作品数の上限に達しているユーザーが作品を新規提出しようとすると、「提出可能な作品数の上限に達しています」という旨のメッセージを表示します。
  • 入力画面の動作改善(対応範囲の追加)
    • 次の場面について、入力画面の改善を行いました。将来的には、システム内の全ての機能について同様の改善を行います(改善内容についてはこちらをご覧下さい)。
      • ファイル確認機能
      • 立場変更機能(主催者→一般参加者、共同運営者→一般参加者、一般参加者⇔非参加者)
  • その他、細部の変更
    • 従来バージョンでは、作品を提出したりアカウントを作成したりした際に、操作元のIPアドレスが主催者への通知メールに記載される仕様です(万が一の場合に、この情報を基にブラックリストへ入れる事が出来るため)が、IPアドレスを簡単に調べられるように、IPアドレスをメールに記載せず、作品詳細や共通情報等と併せてIPアドレスを記載するようにしました。同時に、リモートホスト名指定のブロックをしやすいように、リモートホスト名も併記するようにしました。
    • 一部の文字入力欄に表示されている「現在●●文字」に関して、従来バージョンでは必ず右揃えでしたが、スマートフォンなど横幅が狭い端末では右揃えに、それ以外では左揃えになりました。また、「現在●●文字」の文字色を変更しました。
    • 「アクセス制限」の機能名を「アカウント作成制限」に変更しました。
    • メッセージ機能などでURLを認識して自動的にハイパーリンクを張る処理について、細かな調整を行いました。
    • reCAPTCHA v2(非表示reCAPTCHAバッジ)を使用している際に、スマートフォンなど横幅が狭い端末上でreCAPTCHAのバッジがページ内容と干渉しないように調整を行いました。
    • マイページにおいて、長めのイベント名が設定されている際に、スマートフォンなど横幅が狭い端末でレイアウトが崩れないよう、ヘッダーのイベント名表示部分が画面幅より大きい場合にイベント名の一部を「…」で省略するようになりました。
    • 不要になったプログラムファイルを削除し、ファイル数を削減しました。システムのアップデートを行った際に、不要になったファイルは自動的に除去されます。
    • パスワード認証関連の動作を調整しました。また、パスワードの最大文字数を72文字までに拡大しました。
    • マイページ画面上部に表示させる、「ログインしました」などの通知のデザインを変更しました。
    • システム設定に、検索除けの設定を追加しました。有効にすると、GoogleやYahoo!などの検索結果に載らないようにする事が出来ます。
    • 一部内部処理の最適化を行いました。
    • セキュリティ面の堅牢性を向上させました。
  • 各種不具合の修正詳細

Gamma-2E-0

変更内容

  • 添付ファイルの複数送信対応
    • 従来バージョンでは、添付ファイルでアップロード出来るファイルは1つの入力欄につき1つのみですが、Gamma-2E-0以降では、1つの入力欄に複数のファイルをアップロード出来るようになりました
    • 例えば、合作に静止画を提出する際に、その静止画と、静止画に付ける背景画像やBGM等を併せてアップロードする、といった使い方を想定しています(当初、複数ファイルのアップロードにはZIPファイルを用いる事を想定していましたが、一括ダウンロードの際にZIPファイルが入れ子になってしまうのは良くないという声が挙がりました)。
    • 共通情報入力画面(現在のユーザー登録画面)及びファイル提出画面の、提出ファイル(メイン)及び添付ファイルの項目設定に、「同時にアップロード可能なファイル数」という設定項目を新設しました。これは1~100の半角数字で設定する項目になっており、1の場合は、従来通り1つのファイルのみアップロード出来る設定、2以上の場合は、指定した数のファイルを同時にアップロード出来る設定になります。入力が無い場合は、100個まで同時にアップロード出来る設定になります。
    • なお、「アップロード可能な最大サイズ」については、その入力欄で同時にアップロードするファイルの合計サイズでチェックします。
  • 入力画面の動作改善
    • 従来バージョンでは、各種入力内容の確認をした後、エラー表示や送信確認などを、Javascriptのalertやconfirmを用いてダイアログ表示していますが、これを改善していきます。
    • 次の通り、入力画面の動作が改善されます。
      • エラー内容(「入力されていません」など)を入力項目の近くに表示するようにし、項目の修正をしやすくします。
      • エラー内容がある場合、入力中にリアルタイムに表示するようになります。例えば、添付ファイルに問題がある場合、添付ファイルの選択直後にエラーを表示します。
      • 各種確認ダイアログを、BootstrapのModalコンポーネント(ダイアログの表示機能)を用いて表示し、見た目や使い勝手を向上させます。
      • 文字数制限がある項目などについては、入力欄の傍に現在の文字数を表示するようにします。
    • バージョンGamma-2E-0時点で、入力画面の改善が完了している場面は以下の通りです。将来的には、システム内の全ての機能について同様の改善を行います。
      • ログイン画面
      • ユーザー登録機能
      • 初期設定画面
      • パスワード再発行機能
      • ユーザーID・ニックネーム再送信機能
      • 作品新規提出画面
      • 作品編集機能
      • 共通情報入力画面
      • メッセージ機能
      • パスワード変更機能
      • ニックネーム・メールアドレス変更機能
      • 共同運営者の招待機能(登録済みのユーザーを共同運営者として追加する機能は未対応)
  • データの入力形式の見直し
    • ユーザー登録時の情報記入について、見直しを行いました。ファイル提出時の情報入力については、これまで通りの形式になります。
    • 従来バージョンでは、ユーザー1人につき1つ必要な情報(プロフィール画像、一言コメントなど。以下「共通情報」と呼称します。)は、ユーザー登録時に記入する形式になっていますが、記入のタイミングを変更しました。ユーザー登録時は、システム上最低限必要な項目(ユーザーID、ニックネーム、メールアドレス、パスワード)のみ設定する事になります。
    • マイページに「共通情報の入力・編集」という項目を設け、そこで共通情報を回収する形式としました。
    • ファイル提出画面から共通情報入力画面に簡単にリダイレクト出来るようにしました。送信確認ダイアログの「提出完了後に共通情報(【ここに、共通情報の入力項目名が表示されます】)の入力・編集画面にジャンプする場合は、左のチェックボックスにチェックして下さい。」にチェックを入れると、ファイル提出後、自動的に共通情報の入力画面に移行します。
    • 共通情報に不適切な情報が書かれるケースを想定し、共通情報についても、運営チームの承認が必要な形式としました。ただし、自動承認する項目の設定も可能です(共通情報に自動承認する項目しか無い場合、完全なる自動承認となります)。
    • この変更により、例えば合作に複数作品を提出する場合、全作品の提出が完了した時に共通情報を書く事も出来るため、一言コメントなどが書きやすくなりました。
  • reCAPTCHAのサポート対象の変更
    • 変更前:reCAPTCHA v3の利用を想定
    • 変更後reCAPTCHA v2(非表示reCAPTCHAバッジ/Invisible reCAPTCHA)の利用を想定
    • 変更理由など:当システムでは、reCATPCHAの利用の際、reCAPTCHA v3の利用を想定していました。reCAPTCHA v3はユーザーに画像認証等が課される事がありませんが、ユーザーのページ内での行動を記録し、徐々にロボット検出の精度を高めていくという仕組みであり、当システムのような、一時的に設置する形のウェブサイトには適さないと判断し、reCAPTCHA v2の非表示reCAPTCHAバッジにサポート対象を変更する事としました。
      また、それに合わせて、画像認証が表示されるタイミングを最適化しています(画像認証は必ずしも課されるわけではありません)。
  • その他、細部の変更
    • 全体的な変更点
      • 上記、添付ファイルの複数送信対応などに伴い、システムのファイル体系を変更し、最適化しました。
        • これに伴い、Gamma-2E-0以降は従来のバージョン(Gamma-4a以下)のシステムとは互換性が無くなりました
      • 互換性の撤廃に伴い、一部の内部処理を最適化しました。
      • 一部内部処理におけるセキュリティ面の堅牢性を向上させました。
      • 従来はページリダイレクト(必要に応じて別のURLへ転送させる操作)を、全てHTMLのmeta refreshタグを用いて行っていましたが、ほとんどのページリダイレクトを、PHPのheader関数を用いて行うようになりました。これにより、リダイレクトの際「しばらくお待ち下さい…」という文字が割り込む事無く、すぐにページ内容が表示されるようになりました。
      • reCAPTCHAによる認証がインターネット接続などに起因して失敗した場合に、従来は何もエラー表示を行っていませんでしたが、エラー表示を行うようになりました。
    • ログイン・ユーザー登録に関する変更点
      • 従来バージョンでは、ユーザー登録時の記入事項(共通情報の記入事項)を登録しないとユーザー登録を受け付け出来ませんが、上記、データの入力形式の見直しに伴い、共通情報の記入事項の設定を待たずしてユーザー登録を行えるようになりました。
      • ログイン画面にアクセスした際、ユーザーIDの入力欄に自動でフォーカスするようにしました。
      • ログインが必要なページにログインせずアクセスしようとしてログインページにジャンプした際、「このページの利用にはログインが必要です。」と表示するようにしました。
      • ユーザーIDを忘れたり紛失したりしてもログイン不能にならないように、メールアドレスからユーザーID・ニックネーム(パスワード再発行に必要な情報)を再送信出来る機能を追加しました。
        • 従来バージョンでは同一メールアドレスで複数のアカウントを登録出来る仕様になっていましたが、この変更に合わせ、同一メールアドレスで複数のアカウントを登録出来ないように変更しました。
      • 従来バージョンのユーザー登録画面では、ユーザーID入力画面とアカウント情報入力画面が別ページに分かれていますが、これが1ページに収まるようになりました。
    • メッセージ機能に関する変更点
      • メッセージ機能のメッセージ表示ページのレイアウトを変更しました。また、ログイン不要でメッセージに既読を付ける事が出来るURLを、メッセージ通知メールに記載するようにしました。
      • メッセージの新規作成時に、選択可能な宛先が1つしか無い場合、その宛先に自動でチェックを入れるようにしました。
    • その他
      • 作品詳細画面で、作品の提出日時、及び最終更新日時を表示するようになりました。
  • 各種不具合の修正詳細

γ版・第1版との互換性について

Gamma-2E-0のアップデートにおいて、前述の通り一部内部動作を大幅に変更したため、γ版・第1版(Gamma-4a以下)のシステムとは互換性が無くなりましたGamma-4a以下のバージョンからGamma-2E-0以降にアップデートした場合、システムが正常に動作しなくなりますので、既にGamma-4a以下のシステムをお使いの方はGamma-2E-0以降にアップデートしないで下さい。
2Eとは、セカンドエディション(2nd Edition・第2版)の事を指します。

γ版・第1版

Gamma-4a

変更内容

  • 各種不具合の修正詳細

Gamma-4

変更内容

  • 「登録済みユーザーの共同運営者追加機能」の追加
    • 従来バージョンでは、共同運営者は主催者から招待された場合に新規登録が出来、一度共同運営者を辞退した場合は一般参加者から共同運営者に戻れない仕様でしたが、主催者の権限で、あとから共同運営者になる事が出来るようになりました。
  • その他、細部の変更
    • 一括ダウンロード機能で、ファイル・フォルダ名に使用出来ない文字(半角の \ / : * ? " < > |)がユーザー名や作品名などに含まれる場合、これらを全角文字に変換してファイル・フォルダ名として使用するようにしました(CSVファイル上では全角に変換されません)。
    • マイページトップで、各項目の説明書きを追加し、どのような機能なのかが分かりやすくなりました。また、マイページトップのページレイアウトの細部を調整しました。
  • 各種不具合の修正詳細

Gamma-3

変更内容

  • 細部の変更
    • ユーザー登録時に記入した内容は後から変更出来ます(ユーザーIDを除く)が、アカウントの登録画面にその旨が記載されておらず分かりづらいため、登録画面にそれを追記しました。
  • 各種不具合の修正詳細

Gamma-2

変更内容

  • 「ファイル確認に関する設定」の新設
    • 従来バージョンでは、「作品が拒否された際の送信者への通知について」を、ファイル提出に関する設定項目として設けていましたが、今回、設定項目の増加に伴い、これを「ファイル確認に関する設定」に内包しました。
    • 従来バージョンでは、主催者及び共同運営者全員がファイル確認を行う仕様になっていましたが、ファイル確認を行うメンバーを設定出来るようになりました。
      メンバーはいつでも変更出来ますので、例えば、共同運営者の中でも、忙しくてファイル確認を行う暇が無いユーザーを、ファイル確認担当から外す事が出来ます。
    • システムのアップデートに関する注意:システムを利用途中でGamma-1以前からGamma-2以降にアップデートする場合、この「ファイル確認に関する設定」を行うまで、ファイルの提出受付が一時停止しますのでご注意下さい。
  • 「受付開始・締切メール配信機能」の追加
    • ファイル提出受付期間の開始3日前・2日前・前日・開始直後、締切3日前・2日前・前日・締切直後のうち、希望する日程に、全ユーザー(ファイル提出を行わないシステム管理者(非参加者)を除く)に通知メールを配信する機能です。
    • 自動配信を行うには、サーバーOSのスケジュール機能(Windowsの場合はタスクスケジューラー、Linuxの場合はCron)と連携させる必要があります。よく分からない場合は、メールの配信日時を過ぎた後にシステムのページにアクセスする(ログイン不要)事でメールを配信出来ます。
  • その他、細部の変更
    • 「ファイル確認に関する設定」の新設に合わせて、ファイル確認に関する仕様を若干調整しました(詳細はお問い合わせ下さい)。
    • ページレイアウトの細部を調整しました。
    • マイページトップで、未読メッセージがある場合に、その件数を表示するようにしました。
    • 新着メッセージを通知するメールについて、従来はメッセージの件名を本文に記載していませんでした(メールの件名に括弧書きで記載)が、メッセージの件名をメール本文に記載するようにしました。
    • メッセージ機能のトップ画面で、未読メッセージを青背景で強調する際に、件名(メッセージ本文へのリンク)が青文字になっていたのを赤文字にし、見やすくしました。
    • 主催者をポータルサイトに招待する際、そのメールに「また、ポータルサイトのトップページ(ログイン画面)のURLは … です。募集の際は、参加者をこちらのURLに誘導して下さい。」という文を付け加えました。
    • 一部の内部動作を、不具合が起きにくい形に修正しました。
  • 各種不具合の修正詳細

Gamma-1

変更内容

  • IPアドレス・リモートホストによるアクセス制限の、制限適用範囲の変更
    • 変更前:一般参加者であり、かつシステム管理者でない者のログイン時、もしくは一般参加者の新規登録時
    • 変更後:一般参加者の新規登録時(ログイン時は制限を行わないように変更しました。
    • 変更理由:この機能とは別にアカウント凍結機能もあり、アカウント凍結機能を併用すればログイン時にチェックを行う必要は無いと判断しました。
  • その他、細部の変更
    • マイページ右上の「ログイン中」の部分を押したときに表示されるメニューの「アカウント情報編集」「ログアウト」の部分にアイコンを追加しました。
  • 各種不具合の修正詳細

Gamma-0(微修正版)

変更内容

  • 各種不具合の修正詳細

Gamma-0

変更内容

  • (最初期版)



BACK

filesystem/doc/versions.txt · 最終更新: 2020/05/10 19:24 by 管理人/Admin